なごみごはん

好き嫌いはあるけど食わず嫌いしない

土ドラに思いの外ハマってる件

タキツバ活動休止から、まもなく半年。ソロ活も春の訪れと共に活発になってくる。ソロ活中も、できるだけユニを意識してブログ書きたいけど、どうしてもネタが足りなくて迷走してしまう。それはしょうがないこと、と頭ではわかってるけど、どこかで抵抗したい気持ちがある。だけど今日は滝沢さんネタを書こうと思う。だって書きたいんだもん。

現在放送中の滝沢さん主演大人の土ドラ「家族の旅路」に予想以上のハマりっぷりで毎週食い入るように見ている。やまぴの「コードブルー」レベルで真面目に見ている。コードブルーは元々好きな医療系ドラマだからハマるのも頷けるが、家族の旅路は正直苦手な家族ネタサスペンス系。かと思いきや、まさかの社会派骨太ドラマ。このドラマなんで深夜枠で、そして全8回なんだろう?脚本にも役者さんの演技にも本当に引き込まれる。エンケンさんはもちろん、つるたろさん、いしのようこさん、横山めぐみさんの表情がまたこれさすが。毎回圧倒されてお口ポカーンとなってしまう。そこに引けを取らない役者滝沢秀明がいましてね。わたしは単純にすごいと思ってるよ。先日の第五話は出張先のホテルでリアタイできたのだけど、一人で見る環境で良かった。胸が痛くて祐介弁護士につられて泣いたさ(ネタバレ配慮のため詳細は割愛しています)。

わたしは滝沢さんの過去ドラマは一通りyoutubeで見たんだけど(義経以外)若干の舞台臭は気になるものの嫌いではない。昨年の副社長役「せいせいするほど愛してる」のキスシーンについて、放送当時ネットで賛否両論あったらしいがわたしは好きだった。すごくキレイだと思ったよね。キ○タク兄さんの荒々しい強引キスシーンと正反対、なんていうか究極に優しいソフトなキスだった。また、大河ドラマ義経」をなんで見ないのかというと、単純にストーリーがツライから。実は今回の家族の旅路も、正直胸が痛い。わたし滝沢さんの眉間に縦じわが入る苦しそうな表情ってあんまり見たくない。前回の記事に書いたけど、好きな人には下品にガハハと笑ってて欲しい。寂しそうな表情とか苦しそうな表情見るのやだよ。だけど滝沢さんまたそれが妙にハマるから困る。見たいけど見たくない。どうすんのさこの矛盾。わたしの眉間に縦じわが入るわ。

まぁそんな感じで幸いわたしはヲタ活に退屈はしていないのだけど、なんだかな。ドラマと入れ替わりに歌舞伎が始まって、翼くんはレイトン声優にマリウスが始まる。6月の御園座どーなんの?わたしゃ5月にセカオワ行くんだぜ。5月半ばにはまた出張があって、、6月のわたし大丈夫かいろいろ!?

夏が来る頃わたしは無事だろーか。いろいろ潰れてないだろうか。マネーとか金銭とかお財布事情とか諸々。本当はユニ活してくれたら一度にまとまって諸々助かるのに!と今でも思ってる。秋には翼くんの舞台オセローあるでしょ?滝沢さんは何やるんだ?あの人「無駄のない時間を」って言ったからな。あの人クッソマジメに有言実行するからな。やることいちいちデケェから怖い。頼むからドバイで歌舞伎とか言わないで。無理だから無理。飛行機無理。新幹線にしてせめて。いやできれば地元に来て。そうだそれが一番いい。全国ツアーとかどうなのさ。よし自然な流れでコンサートに繋げたぞ。滝沢さんも翼くんもユニやらないならソロ魂しようぜ。これはヒンシュク覚悟で書くけど、翼くんは、わたし個人的にはまだ踊らなくてもいいと思ってんの。踊って欲しい翼担の皆様のお気持ちに反してごめんなさい。めまいがね、あれ突然やってくるからちょっと心配なんです正直。ダンスでキレッキレにターンしてフラッとしたところに舞台装置なんかがあったら!と考えるだけでもうごめん今すぐ止めてと叫びたい。自身に突然のめまいで、アスファルト上に顔面から倒れて、えらいことになった過去があるからほんと怖い。痛いし酷いの後が。たかがめまいと侮ってはいけない。ゆっくり万全を整えて欲しい。だけど歌なら安全。翼くんならアコースティックでもいけるでしょ。情感たっぷりに歌い上げるでしょ。ほらもうイメージできるようっとりしちゃうわ。念のために言うけど殿はダメだからね?殿は動いてナンボでしょ。走り回って暴れ倒してナンボでしょ。きっと動いてる方が好きでしょ!そうわたしは滝ソロ魂2012のオープニングからMADONNA~Words Of Love~894ハクシの、たった3曲リピートだけでも生きていける。このコンサートDVDについては、改めていつか語りたいと思ってる。滝ソロ魂DVDはこの一本だけしか所持してないけど何ら問題ないレベルで好き。金髪といいツーブロ右剃り込みといいわたし的に完璧。

翼くんのお部屋更新をひたすら心待ちにしている以外は、それなりにヲタ妄想活動も順調に楽しんでいる。だけど、安藤さんみんながそうじゃないこともわかってる。モヤモヤしてる人の方がきっと多いとも思ってる。だけどそれを誰かにぶつけるものでもないと思ってる。わたしは「TVガイドpersonVol.65」の滝沢さん見て読んで、なんだか霧が晴れたような気分になれたので、それから悲観的になることがなくなった。この人有言実行の男だから。もちろんインタビューだけが全てだとも思ってなくて、言わない言葉もある。きっとある。今はその自分の認識だけでヲタ活を気分良く継続できているから、それでいいと思ってる。滝沢さんが失ったもの。滝沢さんが守ってるもの。想像の範囲でしかないけれど、わたしは全部ひっくるめて応援したいと思ってる。

東海テレビ大人の土ドラ「家族の旅路」を引き続き楽しみにしている。先輩ヲタ様の見解を参考にしつつ、今の滝沢さんをしっかり記憶しておこうと思う。