なごみごはん

なごみさんは滝翼とセカオワでできている

シングル曲を長ったらしく語る

「あぶねぇっ!!カラオケに殺されるかとおもたわっ!!」こらこら昼間から物騒な台詞を叫ぶでない。ある日の「一時間ノンストップ滝翼オンリー親子カラオケ大会」を終えて店を出た直後の次男感想。確かにね。たった一時間とはいえ呼吸困難に陥るかと思いましたわ。だって全力のノンストップ。そして全曲次男セレクト。ヤツの好みは基本的に濃い。しょっぱな一曲目からリアデラやDiamondなどのコアナンバーが勢ぞろい。そこにカミラ・タマラなんかが続けばもう3曲目で過呼吸。吸ってばっかで息が吐けない。その上ハモリの要求。採点で80点以上じゃないとしょんぼりするので母全力で歌う。わが子のためなら母全力。振付け全力(主に愛タカ)。全力で飛ぶ(主にひと夏の…)。全力で手を振る(主にラブスパイラル)。そして全力でくるくる(CrazyRainbowに限る)。とにかく全力。好きなことにはとことんこだわるAB型次男、妥協は許さない。B型母いろいろツライ。いつかの復活魂を妄想した記事で勝手にリクエストした公式オリジナルグッズの酸素缶マジで欲しい。微妙な滝味と翼味があるやつマジで欲しい。パッケージはピンブルのT&Tくんで。カラオケの際にそれ欲しい。ジャニショで売ってくれたら嬉しい。

そして帰りの車中で反省会。カラオケ時の炭酸飲料は喉越しスッキリして良い!とか、そう言えば今日ジャニジャニ歌ってへん!!とか、Diamondは次回おれソロで歌いたい!!とか、前半にカミラ・タマラは一気に消耗するからあかんな、とか延々と。まじめかっ!!そのうちそんなくっそまじめな反省会にバカバカしくなってきて爆笑。だんだんそれがツボにはまって涙出るほど大爆笑。もうこんな時は親子じゃない。ツレ。そして安藤仲間。次男のツッコミが秀逸。あんたその技どこで覚えてきたんやと逆にツッコミたい。タキツバが繋ぐ親子の新しい形。たぶんきっとこういうバカバカしい時間が想い出になるんだろうな、と考えている。男の子は特に、思春期になって離れていく。また離れていってもらわないと困る。だから今、一緒にカラオケに行けることを嬉しく思う。変声期途中で声がひっくり返って音程崩れっぱなしの次男が、それでも「ハモりたいから歌って!」と言われたらタッキーパートをがんばって歌いたい。

わたしはと言えば、最近はちょっと大人なタキツバが好き。落ち着く感じの楽曲をよく聴いている。寒くなったからかな。ちょっとほっこりあったかウォーマーな楽曲に癒されている。たとえば「愛はタカラモノ(略称愛タカ)」や「Journey Journey~ボクラノミライ~(略称ジャニジャニ)」は季節を問わずMy定番songだが「Heartful Voice(略称ハトボ)」や「未来航海」、そう、この「未来航海」に最近ハマっている。仕事終わりはいつもこれ。電車でも車でも、いつもこれ。タッキーは相変わらずまっすぐな歌い方でかわいいし、翼くんの艶っぽい余裕のヴォーカルが、なぜかマッチしてタキツバの色となる。タッキーってアコースティック曲になると、たまによく間違える。それは歌詞だったり入るタイミングだったり、もうそれがきゃわわ♡でたまんね。

そして次男はもっぱらプレゾンにドハマリしている。まだ2011と2013の2枚しか所持してないのだが、もう「ROAD TO PLAYZONE」と「Guys PLAY ZONE」の2曲があれば、ごはん何杯でもおかわりできまっせ!!と言わんばかりのリピート率だ。そして、ふぉ~ゆ~へのハマり具合も驚異的。ふぉ~ゆ~さん、いよいよJr.枠からのご卒業おめでとうございます。次男がめっちゃ応援してますのでこれからもオモシロかっこいいパフォーマンスを期待しています。

そう今日はシングル曲について長ったらしく語ってみた。カラオケもいいっすよ。これから年末年始のお楽しみ会に滝翼ヲタ親子をネタにしてご披露することがあるかも。ネタかよおい。いやいや新規ファン獲得大作戦の一環です。そしてリアル友人は問答無用でCDをお歳暮される季節到来!年明け滝翼新規ファンがグンと増えたら、きっとそれはわたしの…(ウソですごめんなさい)