なごみごはん

なごみさんは滝翼とセカオワでできている

今さらながら滝翼祭

 太陽フレアの影響が出ると、停電や電気機器類の誤作動などがあるらしい。今日はそんな日らしい。お仕事は休み。今のうちに滝翼DVDを見溜めしておこう。だって昨日新しいDVDが届いたんだもん!
とにかく梅雨の時期に滝翼ワールドに堕ちたばかりの新米安藤のわたしは、いくら古くてもいいから彼らの軌跡を見たい、知りたい。興味本位の無責任な報道や声にも動揺しないMY滝翼魂を築くためにも、まずはこの目で確かめたい。お盆前に「OUR FUTURE」を買ったばかりだというのに今回「滝翼祭」を入手した。「YOUは何しに~」と迷ったあげく同じく滝翼ダダハマりの次男と相談して「祭」にした。

 

タッキー&翼 CONCERT TOUR 2010 滝翼祭 (初回限定生産)(ジャケットA) [DVD]

タッキー&翼 CONCERT TOUR 2010 滝翼祭 (初回限定生産)(ジャケットA) [DVD]

 

 おおお。商品紹介の貼付けでけた!はてなブログ万歳。

次男は金髪タッキーと黒髪翼がお気に入り。ちなみにセカオワFukaseの赤髪も好き。次男は髪色フェチなのかね?!2010年この時も2年半の空白があった後だとどこかで知った。(間違ってたら教えてください。とにかく初心者なもので)次男とニヤニヤ鑑賞しながら「この二人に"不仲"とかないよね?」「ありえへんな・・」と確認し合う。長年連れ添うパートナーとは、いくつかの分岐点や軌道修正は珍しくないし、むしろ必要だとわたしは思う。夫婦でもビジネスパートナーでも同じように、滝翼も同じ。きっと。

人を惹きつけたい時、セールストークや小技は不要だと思ってる。人に興味を持ってもらうのに大切なのは「自分が心底楽しんでいること」だと信じてる。作り笑顔じゃ安藤さんはごまかせない。おそらく今の二人は、この頃のようなステージで天真爛漫な笑顔が出ないのだろう、と邪推する。35歳、年齢相応のアイドルタッキー&翼を模索しているのではないか。だからこその活動休止なんだと思う。それは絶対終わりじゃない。個人活動をやればやるほど自分たちの立ち位置が確認されて、その時また「二人でやりたい!」と思うに決まってる。だってこの楽しさを知ってるのだから。知っちゃったのだから。今さら無かったことになんてできないでしょ。タッキーも翼くんも、そして安藤さんたちも。DVDしか見たことない、しかも、たった2本しか見てないわたしでさえ、画面から伝わる絆を確信する。彼らを見て泣けるのは、そこに感動するからだよ。翼くんが入院した時のエピソードも読んだ。youtubeで見られるものは見た。泣けるこの二人。ちくしょーうらやましいぜ!

ついつい美化しちゃってるかもしれない。冷静じゃないかもしれない。でももうそれでもいい。人間不信でやさぐれてたわたしの大好物は「絆」。そこに絶大な憧れがある。独りよがりな妄想でも、万一現実が違ったとしても、わたしは自分が見て感じた二人を信じる。